【Report 07】2015年2月20日開催  としま会議Vol.7 レポート

Event Outline

2015年2月20日に開催された「としま会議」のレポートをお届けします。

【2015年2月20日開催】としま会議Vol.7 レポート

 

第7回のレポートは、豊島区の名物ブロガー”みんたん”の協力を得て、レポートを提供いただきました。

ありがとうございます!

みんたんのブログはこちら↓↓ 

みんたん 池袋開拓史【池袋ブログ】

では当日の臨場感も併せてお楽しみください!

 

————————————————————————-

 

 2月20日、第七回「としま会議」が開催されました。

SONY DSC

「としま会議」とは、豊島区を拠点に活躍する人や豊島区を盛り上げる
活動をする人達がトークイベントに登壇、
また会場にも、ジャンル、世代を超えた“としま”な人々が数多く
参加しており交流を深めています。

 

今回の登壇者も多彩なメンバーが揃いました!

 

 

サインディスプレイの企画、制作、施工を手がける
株式会社フジサワ・コーポレーション代表取締役の澤田剛治さん

3世代70年以上に渡り椎名町の地で暮らしながら会社を営んできた、
根っからのとしま人です。
http://www.fujisawa-corp.co.jp/

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

澤田さんが最初に紹介したのは、なんと瓦!
お祖父さんの代には瓦屋をしていました。
今では1枚だけ残る当時の瓦です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ニューヨークに視察旅行に訪れた際、これからの時代は
暮らしの次は“文化”だと感じたと言います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真現像の仕事から、サインディスプレイ、空間装飾の世界へ。
現在では、大型インクジェットプリンターを利用し、屋外看板・広告・サイン
グラフィカルな壁紙などを制作しています。

 

一方で、企業から街に開いていきたいという思いを持っているという澤田さん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

四谷のおもちゃ美術館で行われた、現代アートと幼児教育のコラボイベント
「自分のなんで実験室」では製品の製作段階で出る端材を提供しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トキワ荘や池袋モンパルナスを育んだこの街で、
もっと地域とつながり、この地域に住むアートに興味がある人達と共に
ものづくりができたら、という願いがあります。

 

実は澤田さんはこのとしま会議のカメラマンでもあります。
着ているのはとしま会議のスタッフTシャツ。
澤田さん自身も地域の人々とどんどんつながっています。

 

毎年回遊美術館が開催されるなど、アートに携わる人々が少なくない椎名町界隈。
澤田さんの夢の実現はそう遠くない未来だと思いました。
大型インクジェットプリンターを活用した新たなアートの取り組み、楽しみにしています!

 

奇しくも椎名町を拠り所にするとしま人がもう1人・・。

 

 

祖父の代から受け継いだ椎名町の木造アパートを蘇らせた、
株式会社ユウト代表取締役社長の長田昌之さん。

http://yuutovillage.com
http://suumo.jp/journal/2015/02/10/77741/

SONY DSC

お祖母さんが1人で住み、管理が難しくなって取り壊そうとしていた、
木造アパート。幼少の頃より愛着のある場所だったことから
どうにか出来ないかと思った長田さん。
住みながら考える生活が始まりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ホームパーティをするなど自然と友人達が集まる場所となり、
ふと思いついたのが「みんなでつくるシェアハウス」

 

友人に片っ端から声をかけ、入居者となってもらうことからスタート。
ユーザーと共につくりあげる工事を行う若き建築集団、
ハンディハウスプロジェクトの手を借りるつもりが、忙しい彼らと
日程が合わず、直接大工さんと共に改修工事を行うことに。

漆喰の塗り方、のこぎりやカンナの使い方をを覚えたりしながら、
DIYイベントを行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自由が丘の古民家から譲り受けた建具には大きな窓が。
カーテン無しの丸見え状態が功を奏し、近所とのつながりができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

完成したシェアハウス「ユウトヴィレッジ南長崎」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

完成疲労パーティーでライブも行われ、地域の人達とは餅つきも。
新たな地域の拠点としてこれからもっとみんなに使ってもらいたいと
思っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

空き家対策としてリノベーション利用を勧める声は大きくなってるものの、
本当にコストを掛けただけの意味があるのか、と懐疑的な不動産オーナーは
多いと思います。実際に地域の拠点として機能するリノベ物件が
空き家率が高い椎名町に存在する意味は大きいのでは。。
空家利用による地域の人のつながりが増える起点となることを望みます。

 

 

昨年9月にオープンした商業施設WACCA(ワッカ)5F
「キッチンスタジオLupe」
Lupeで行われるイベントの仕掛け人でもある、
株式会社47 PLANNING(ヨンナナプランニング)代表取締役の鈴木賢治さん。

http://lupe-wacca.jp/
http://47planning.jp/

SONY DSC

鈴木さんは東日本大震災で被害を受けた福島県いわき市の出身。
地域の食を通じて魅力を再発見することで地域活性化につなげたいと
会社を設立しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

震災を経験、故郷の復興を思いわずか3ヶ月で福島県産の食材を提供する
「47DINING 福島」を杉並区にオープン。
いわき駅前のシャッター通りを復興飲食店街に蘇らせました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

福島県産の米と東北の食材で作ったライスバーガー「KOMETE こめて」
いわき産の野菜や果物で作ったスムージー「Hyaccoi ひゃっこい」などの
商品開発も。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

都道府県の食と文化を発信する「キッチンスタジオLupe」
Lupe=虫眼鏡を使ったかのように、生産者やシェフなどをよく知ることで
食をもっと楽しむ場所として、キッチン付きスペースでは様々なイベントが
行われています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今週末2/27,28も牡蠣と世界のスパークリングワインが楽しめる
「牡蠣fes」を開催中!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

美味しくても世間に知られていなかったら意味がない。
47都道府県の食をステージにあげスポットライトを当てたい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

池袋は食を発信するステージであり、ハブとしてつなぐ場。
さらに豊島区にもスポットライトを当て、世界へ発信していきたい
との思いを語ってくれました。

 

高校時代にハマったゲーム「鉄拳」で敵はいなかったという鈴木さん。
鉄拳で競いあった仲間が今や事業のパートナーに。
物事にはのめりこむ、そんな熱い男が池袋に豊島区に
スポットライトを当ててくれることを期待しています。

 

 

東池袋駅直結の豊島区舞台芸術交流センター「あうるすぽっと」
この劇場の制作スタッフであり、劇場公演の企画実施をしている中川歩美さん。

http://www.owlspot.jp/
http://www.owlspot.jp/special/14_newbonodori/

SONY DSC

以前は茨城県にある水戸芸術館という地方の劇場で働いていたという中川さん。
東京では地域とのつながりを作る劇場で働きたいと思い、
「あうるすぽっと」で働く事を決めました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あうるすぽっとでは先鋭的、実験的な舞台を多く手掛けています。
ジャズピアニストとバレエダンサーのコラボ、
即興演劇のワークショップなど。

 

芸術は分からないと避けてしまう人も多い。
ただ、分からないものを分かろうとしなくてもいいのでは。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2009年からスタートしたにゅ~盆踊りはコンドルズの近藤良平さんが仕掛人となり、
毎年多くの参加者を集める大人気企画。
盆踊りを主導する盆踊りリーダーを育成するワークショップも事前に行われ
当日は大いに盛り上がります。今年は7月12日開催予定。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地方の劇場ではたった50メートル先にある劇場に
25年経っても行ったことがないという地域の人の声を聞き
その経験から、劇場を地域に開きたいという願いがあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地域に開いていきたい。そんな中川さんは劇場側の人間としてはアウェーの存在だとか。
にゅ~盆踊り、めちゃくちゃ楽しいんですよね。
あうるすぽっとでの企画も何度か訪れているみんたんですが、
にゅ~盆踊り位、はっちゃけた企画があの場所で開催されたらますます面白そう☆
東池袋駅直結という便利な立地ですし、可能性を感じます。

 

 

要町駅に程近い路地裏にある古民家。1階はカフェ、2階は建築事務所が。
カフェの運営や建築事務所の広報を担う馬把真理子さん。

http://www.nantencafe.com/
http://www.yoshikawano-namazu.com/
https://www.facebook.com/kanamecho.gokinjofes

SONY DSC

「なんてんcafe」は建築事務所鯰組が手掛ける 「食卓から暮らしを考える」を
コンセプトに食事・文化を発信するカフェです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

馬把さんは会社勤めを辞め漫然と入り浸っていたカフェが
たまたま、なんてんcafeでした。
鯰組の活動にパッションとライブ感を感じ、いつの間にか一員に、、
会社にいた頃よりずっと腑に落ちて仕事をしていると言います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なんてんcafeは地域とつながる活動をしています。
町内では若い人達がいないから、、とお祭りに参加したり、
近所のこども達が考えて「こどもまつり」を行ったりと試みは様々。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3月25日には地域のお母さん達が要町一帯のカフェでワークショップなどを行う
「ご近所フェスティバル」が控えています。
地域とお母さんたちがつながること、住む街で暮らしを楽しむお母さんが
増えることで地域活性化を図りたい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お母さん達が活動する平日昼間の集客率アップや地域のイメージアップなど
地域に貢献できるというメリットがあります。

 

まずは「ご近所フェスティバル」を成功させよう!
お店に足を運んで参加して欲しいという馬把さんの熱い思いを感じました。

 

なんてんcafe、古民家の風合いを活かした素敵なカフェです。
こんなに地域に開いたカフェだったとは知りませんでした。
こどもまつりの売上を貧困家庭の活動を行うNPO団体に寄付した
との話を聞いたことがありますが、カフェを起点とした社会活動を
応援したくなりました。

 

今回は要町や椎名町といった地域に根差した活動、
そして地方とのつながり、劇場を地域に開くという面白い話が聞けました。

 

 

Foodunit Gochisoによる今日の料理は、
豊島区と友好都市である「韓国ソウル特別市東大門(トンデンムン)」にちなんで、
ビビンパです。

SONY DSC

SONY DSC 

玉子焼きはその場で焼いたものを載せて、、食欲がそそられました~♪

次回は日曜日開催!
3月22日(日)10:00~椎名町の金剛院蓮華堂での開催です☆
子連れもOK!またバージョンアップしたとしま会議となりそうですね。

 

***************************************************

 

記事協力:みんたん

みんたん池袋開拓史