【Report 03】2014年10月23日開催  としま会議Vol.3 レポート

Event Outline

2014年10月23日に開催された「としま会議」のレポートをお届けします。

【2014年10月23日開催】としま会議Vol.3 レポート

 

第3回のレポートは、豊島区の名物ブロガー”みんたん”の協力を得て、レポートを提供いただきました。

ありがとうございます!

みんたんのブログはこちら↓↓ 

みんたん 池袋開拓史【池袋ブログ】

では当日の臨場感も併せてお楽しみください!

 

————————————————————————-

 

東池袋の賃貸マンション、ロイヤルアネックスにあるシェアード・ライフワーク・スペース

「co-ba ROYAL ANNEX」で好評開催中のイベント「としま会議」。

「としま会議」は豊島区を拠点に活躍する人や、豊島区を盛り上げる活動をしている人など、
ジャンル、世代を問わず集まり、参加者が交流を深めるイベントです。

ますます盛り上がる第三回(10月23日開催)をレポートします。

会場は豊島区で活動するゲストによるトークライブを待つ熱気でムンムン。
オープニングはそんな参加者のお隣同士3人で自己紹介を兼ねたアイスブレイク。
_1040744
豊島区のオススメスポットも共有。自由学園明日館の話で盛り上がりました。
みんたんのお隣は明日館で結婚式を挙げたそう。congratulations!

オススメスポットを書いた紙は壁の池袋マップに貼り付けます。
参加者たちがすっかり打ち解け合い、いよいよトークライブが始まりました。

 

 

まずはビアテイスターの関根 芳雄さん。

元東武百貨店池袋店酒売り場担当、ベルギービールブームの火付け役。

https://www.facebook.com/profile.php?id=100004504206658

_1040765

1975年に東武百貨店に入社、様々な売り場の担当を経て酒売り場の担当に。
海外のビールといえばバドワイザー、ハイネケン、カールスバーグという中、
ベルギービールのシメイ・ブルーとの出会いを経験し、ビールの概念を根底から覆されました。
シメイ・ブルーはフルーティーで深い味わいが特徴、のどごしで飲むのだとか。

 関根さん1

プラザ館にワールドビールコーナーがオープンする際にも尽力。
インターネットのない時代、特に品揃えを充実させるのには苦労し、
バイヤーズガイドの「世界名酒事典」を活用したり、酒造へ直接連絡をするなどして
100種類ものビールを揃えました。
小西酒造との共同輸入を行い、現地ではベルギービールを世界に広めた
“ビアハンター”と呼ばれる有名ライターと飲んだことも。

ベルギービールの素晴らしさを多くの人と共有したいと東武でビールフェアを開催。
ベルギー国営放送や民法各社の取材もあり、2週間で2万本を売上大成功!
今でこそオクトーバーフェストなど全国で数多く開催されているビールイベントですが、
当時はとても珍しく、ビールは利幅の小さい商品でもあり社内でも否定的だったとか。

2006年東武百貨店を退職、以後ビアテイスターとして活躍しています。
西口に自らのサービングでビールを提供するビアバー(現在は閉店)を経営したり、
ベルギービールの魅力を広める活動を精力的に行ってきた関根さん。

 

現在は目白の芸能事務所テアトルアカデミーに所属し、
「あまねくビールの魅力を広めたい」という志の元、“ビールタレント”としての
芸能活動もしています。

企業に所属しながら仕事をプロフェッショナルの域にまで高め、
自らのライフワークとして更に活躍の場を広げている姿はすごくカッコイイ!ですね。

ちなみにベルギービールを購入するのにおすすめのお店は、目白駅近くの「目白田中屋」
ここはウイスキーやワインの品揃えもとても充実してるんですよね。

 

 

アクセサリーショップ「eclectic」の店主でありデザイナーの眞砂 絵里子さん。

副都心線雑司ヶ谷駅に程近い千登世橋横のアトリエショップ。
お店には様々な石の装飾が美しいアクセサリーが並びます。
http://eclectic-accessories.com/

_1040783

お客様のワガママに答えるのが心情。石やパーツ、デザインを好みに合わせて作ります。
引き出しにあった使わなくなったアクセサリーのリメイクなどが得意。

 ひさごさん1

長いネックレスをカットして複数のブレスレットに作り変えたり、
切れてしまったチェーンを活かしてポイントとなるパールを入れて直したり。
リメイクや修理は数百円で出来てしまう場合も。

ひさごさん2

商業施設やイベントの出店に来たお客様が、目白のお店に来ることもあり、
その時は近くのステキなお店を紹介することも。
地域のお客様にも同様。住んでいる人も意外に地元のお店には行かない。
口コミされると行ってみようかなという気になるもの。横のつながりを大切にしています。

面倒なことほど率先してやる、そんなおせっかいがお客様の感動につながり、
眞砂さんのエネルギーとなっています。

今後はもっと地元に根付いたお店となって地元の老舗店となれたら、、
という地域愛溢れるステキな夢を語っておられました。

 

 

目白にある築45年の賃貸マンション「ホワイトマンション」
このマンションの一室を自分好みに改装した竹沢 愛美さん。

空室の目立つ賃貸物件が改装可、原状回復無しのオーダーメイド賃貸とすることで、
メディアからも注目され、満室となりました。
https://www.facebook.com/mejirowhitemansion

_1040790

改装費用は200万円。貸主、借主、仲介したらいおん建築事務所それぞれが負担。
DIYの人件費はワークショップを開くなどして削減します。

 竹ちゃん1

かなり古い作りの部屋だった為、全体的に解体して大幅な改装を行うことに。

竹ちゃん2

壊す所、残す所を決め、解体で出たゴミの廃棄にお金がかかったり、
必要な部分はプロにお願いするのに、何をいつ用意するのか決めたり、
借主である竹沢さん自らがコントロール。

竹ちゃん3

大変ですが、“祖母の形見のミシン台が似合う部屋”というイメージの
理想の部屋を作る楽しさに勝るものはありません。

現在は空室も埋まり、内2人は友人、2人はワークショップ参加者だとか。
マンション屋上でのカレーパーティや地域の祭りに参加したりと充実な日々。

誰とどのような生活をしたいか、ここに住みたいと思う生活を自らの手で作ること、
賃貸でもそんな住人の思いを叶える場所があったこと、
住みたい街にするエッセンスがここにあるのかもしれませんね。

 

 

スポーツウェアの製造販売を手掛ける㈱ニューモードを創業した福壽孝太朗さん。

要町にあるこの会社にはオリンピックに出場するようなトップアスリートが

数多く所属しています。
http://www.newmode.co.jp/

_1040815 

アスリートの正規雇用を行い、遠征費用などの費用負担、練習の為の短時間勤務など
競技活動を会社が支援。スポンサー契約ではなく社員であることにより、
永続的に活動出来るメリットがあります。

福壽さんスライド1

スポーツ活動の普及発展の為、スポーツ教室やイベントを実施も積極的に行っています。
学校では子どもたちに走る、投げる、飛ぶといった全てのスポーツに通じる技術を
教える場を提供しています。 福壽さんスライド2

日本では学校の部活動でスポーツを教える先生が経験者ではない場合も多い。
海外では地域でスポーツを推進し、資格を持った人が正しく教える仕組みが整います。
東京オリンピックに向けた取り組みとしても、子どもたちがトップアスリートと関わり、
正しい指導を受けることの出来るスポーツ活動の場が広がるといいですね。

201410310310RMyXL

今後は豊島区内での活動を行っていきたいとのこと。

池袋西口公園で子どもたちや親がスポーツの経験を得るイベントをしてみたい。
豊島区からオリンピック選手を輩出します!と力強く宣言してくれました。期待してます!!

 

 

巣鴨にあるシェアハウス&シェアオフィス「RYOZAN PARK」
を運営している竹沢 徳剛さん。

斬新なデザインのシェアスペースには人々が集い新たなコミュニティが生まれています。
http://ryozanpark.jp/

_1040833

ワシントンD.C.に在住していた2011年、東日本大震災をきっかけにして帰国、

地元である巣鴨を元気にするという目的で家族が所有していたオフィスビルを改装、
2012年にRYOZAN PARKをオープンしました。

竹沢さんスライド1

志のある人なら誰でも受け入れるというポリシーの元、入居時に面談、

現在、国籍や職種もバラバラの48組の入居者がいます。

竹沢さんスライド2

シェアスペースを利用し、入居者同士が仲間になり思いを共有、

中には住人同士がカップルとなり、退居しても“スープの冷めない”距離に住んでいたり。
住人たちみんなで子育てをしてくれるような温かさのある場所になっています。

竹沢さんスライド3

11月には大塚に新たなシェアオフィスがオープン!

子連れで利用可能。保育士が常駐する親子にやさしいオフィスです。

マイクが要らないほど熱く語る竹沢さんパワーにやられました。。

テレビ撮影で度々使われるほどラグジュアリーなインテリアに目を奪われます。
一方で子育てファミリーにもやさしいという環境。
ロイヤルアネックスにも通じる、地域のコミュニティスペースにワクワクしました。

 

 

さて、交流会での今日の夜ごはんはFoodunit Gochisoによるおでん。

トキワ荘にちなんで、赤塚不二夫の「おそ松くん」に登場するチビ太のおでん!

_1040903

_1040851

としま会議印の旗になっていてかわいい!シメのうどんもダシが効いていて美味しかったです。

http://www.foodgochiso.com/

 

クロージングには3回のとしま会議皆勤賞の豊島区副区長も登場!

_1040877
グリーン大通りのオープンカフェ社会実験について紹介。
また、オープンカフェの今後の活用についてアイデアの募集もしていました。

立候補者が集まり過ぎたらどうしますか?の問いに、

道路はグリーン大通りだけでなくたくさんあるから大丈夫!とのこと。
期待しちゃいますよ(・∀・)

 

第四回は11月20日の予定。豊島区の今を感じるイベント、お楽しみにー!

***************************************************

記事協力:みんたん

みんたん池袋開拓史